2018年07月16日

がっかりメシ

かつ丼.jpg
美味しいと聞いたので行ってみた。お店でも一押しなのか店内外に宣伝ポスターが目に入る。楽しみだったが、まず見た目で既にがっかり。美味そうでない。実際、豚肉は薄く堅い、玉子は煮え過ぎてパサパサ、味は薄く、私には合わなかった。うどんももひとつ残念。。。。ただ、うどん付きなのに値段は安かった!ので、ランチとしてはどこぞの1500円などのたっかいカツ丼よりはずっとマシかなあ?

posted by ヨッサラ at 20:59| Comment(0) | 日記

2018年06月10日

アメフト悪質タックル事件に思う

見る度に嫌悪感を覚えるアメリカンフットボールの試合ビデオが何度も流され騒がれていた。アメフト部監督・コーチの言った、言わないが最大の議論の様だが、日本社会の縮図だなあ。
だいたい日本人は昔から、部下に詰め腹を切らせて事態を収拾してきた。

第二次世界大戦末期、日本軍は陸海軍ともに特攻隊を組織して多くの若者を散華させた。
「お前らだけを死なせはしない俺も後から必ず行く」と約束した上官たち。戦後に自決して責任をとった人は、ほんの一握りで、ほとんどの者は特攻は志願だったと都合のいい事を言い、のうのうと天寿を全うしている。陸・海軍の将官、佐官でさえこれだ。
昔から日本は若者を犠牲にして平気でおれる人が多いのだ。

船を岸壁にぶつけて、Q/Mが指示通り舵を切らなかったなどと会社に報告して責任をなすりつけた史上最悪の船長も知っている。たとえそうであっても言わないのが本来の船長でなければならない。
私がCEOならそんな船長は引きづり下ろしてやるが、会社などは長い物に巻かれる集団だから、上位者の意見を尊重し、当然の如く公正な沙汰を下さない。

上司の命令・指示で動いた結果、会社に利益をもたらした場合には多少指示から逸脱した行為に及んだとしても、成功したのは俺のおかげだ。部下は俺の指示通りやっただけだ。と手柄を横取りして吹聴する。しかし、それが一旦、事故や損失となった場合には、「俺はそんなことを言っていない。部下が勝手に解釈して独断でやらかした。」
と、逃げる。
上司が親会社からの天下りできているなど、その支配力が強ければ強いほど責任転嫁と保身は顕著である。上司は自分の責任回避だけに奔走する。私自身、何度もこんな目に合ったし、そういったことも目撃してきた。
だいたいは、下位者が会社を追われ、上司は何事もなかったかのように平気な顔でその立場に居座る。
会社の権力者などはだいたいが潔さなどなく、ド厚かましいのが常だ。日本はそういう社会である。

今回の件の核心に触れると、「1プレー目で潰してこい」はアメリカンフットボールのルールを知らない私でさえ、危険な行為を容認して目的を果たせと聞こえる。「最初から厳しく当たれ」ではない。詭弁の見本です。そういう意図なら、「終始マークを外すな!」的な言葉でないと誤解して当然だ。あんなタイミングでぶつかっては言い逃れはできない。したがって、言っていないなどは、上に立つものとして見苦しい。と、私は思う。
マスコミが騒いだためだろうか、ビデオ証拠が決め手か、今回はレアケースで、監督・コーチは言動を否定しながらも辞任の意思を示した。逃げ場を失って仕方なくだが、責任をまかりなりにもとっている。これは結果論だが、私がかかわってきた人たちよりは、まだ人としてのモラルがあるようだ。ビデオや録音などない一般社会では、あり得ない話です。
「命令権者 ≠ 責任を取る人」
日本の若者は本当に注意してほしい。
posted by ヨッサラ at 14:38| Comment(0) | 日記

2018年05月15日

機帆船

kihansen1.jpg
機帆船がいた。
(厳密には「自走式はしけ」で、純粋な(木造)機帆船ではないが、まだいるのだなあ。)

続きを読む
posted by ヨッサラ at 19:26| Comment(0) | 日記

2018年03月11日

春だなあ。

つくし.jpg
土筆食いたい。
posted by ヨッサラ at 22:34| Comment(0) | 日記

2018年02月11日

冬は・・・。

samui.jpg
寒いなあ。
posted by ヨッサラ at 13:25| Comment(0) | 日記

2017年11月13日

長沼毅教授の暴行事件

広島大学教授の長沼毅さんが学生に「馬乗りになって首を絞め、唾を吐きかけた」と言われて問題になっている。停職6ケ月の処分となっている。暴力はいけないが。
学生は何を言ったのだろう。ほんとうに無礼がなかったのか?
教授が暴力を振るわなければ、そのことによって学生はどのような処分が下されていたのだろうか?
私は後輩にコード違反の服装について注意した際、「おまえに言われる筋合いはない!」と言われた。「よしわかった。別室で話そう」と言ったら、「おまえは、皆の前でよう言わんのか?」とさらに挑発された。子供のような年齢の若者にだ。状況はよく似ている。違うのは私が暴行を振るわなかったことだ。身震いするほど腹が立ったが退職金が惜しかった。しかし、この後輩にはこれといったお咎めもなかった。本人に謝罪もさせない。周りも見て見ぬふりだ。挙句に上司は私の注意の仕方が悪いという。理不尽だと思った。(あのときの判断が間違っていなかったか未だ答えはでない。)
これを言ったら殴られて仕方ないという言葉がある。しかし、殴られる覚悟もなく、また、殴らないのをわかっていて徴発してくるヤカラがいることも事実である。
私は、殴った長沼さんの停職処分は軽いと思う。と同時に、もし学生の放った言葉が常識的に限度を逸するものであるときは、それにも相当の処分をすべきが適当とも思う。
そこまで掘り下げて調査した後に報道すべきで、片手落ちではなかろうか?
長沼教授は見かけと異なり日ごろから品行が悪かった。いつかやると思っていたいた。などとこの時とばかりに言う奴を取り上げもして、それはよくないだろう? 学生の品行は方正だったのだな?
posted by ヨッサラ at 16:38| Comment(0) | 日記

映画「彼女がその名を知らない鳥たち」

沼田まほかる原作を読んでから観に行った。
読者個人の想像力のためか映画とのギャップを感じる場合も往々にしてあるが、本編はキャストやその演技力の高さからかしっくりきた。
主演の蒼井優さんは役作りにストイックで、拒食症の役の時には7キロも減量したとか。元々華奢な体つきな方がよく落とせたと感嘆する。今回も努力されたのだろう関西弁を酷使して違和感なくとてもよかったのに、全ての濡れ場シーンで胸を何度も不自然に隠して一気に興ざめした。芸術性が・・・。
よく女優さんが「作品に必然性を感じればヌードにもなります。」と言うのを聞くが、今回はそうでなかったということなのだろう。昔、木村多江主演の「東京島」の時もやっぱり同様に感じたなあ。
posted by ヨッサラ at 15:49| Comment(0) | 日記

2017年10月06日

カズオ・イシグロ

カズオ・イシグロさんがノーベル文学賞を受賞したんだなあ。まず、誰だこれ?と首を捻ってしまった。
著書を見ていると代表作の一つに「私を離さないで」とあった。ん?どこかで聞いたことがある。
3年ほど前に蜷川幸雄演出と、キャストに惹かれて「彩の国さいたま芸術劇場」まで舞台を見に行った。奇抜な場面構成と、俳優の長台詞&演技、ストーリーの展開になんか心キュンキュンしたのをよく覚えている。
蜷川幸雄って凄いなあ。俳優ってむっちゃ頭いいなあ。と率直に尊敬し未だ心に残る作品となっているが、てっきり蜷川さんが舞台のために書き下ろしたものかと勘違いしていた。原作はカズオ・イシグロさんだったのだなあ。気づくの遅っ! 知らぬうちにカズオ・イシグロさんにちょっとだけ触れていたのですね。
感動再び、この際だから原作も読まないとあかんなあ。受賞おめでとうございます。 
posted by ヨッサラ at 15:42| Comment(0) | 日記

2017年09月17日

また騙された。今回は成山堂!!!

今年の3月に業界大手出版社の成山堂から、HP「われら海族」を出版しませんか?と接触があった。
こっちも本気になって出版用に文語に書き換えたり、新しい項目を追加したりと原稿をまとめるのに4ヵ月費やしたが、話がいっこうに進まず、成山堂の担当が煮え切らない。なんかおかしいな、なんかおかしいなとずっとストレスが溜まっていた。
たぶん担当が勝手にこちらへアプローチしたのはいいが、上司に相談したら「こんもん本にならない!」と叱られたのだろう。しかし、それをこちらに言えず、ああでもない、こうでもないと6ヶ月も引き延ばしていたのじゃないか。結局は昨日ついに「企画を取り下げます」だと。挙句に、それはHPで公開する方が見栄えが良い。だって。
笑わっしょるわ〜。また騙された。東京はお悪い方がほんと多い。(笑) 
ファーストアプローチの「引き受けてくれて良かったあ、ホッとしました。」はなんやったのか?
成山堂恐るべし!
骨折り損のくたびれもうけだったなあ。またまたやるせない。
ついでだ。と思って、海文堂にも声をかけてみたが・・・。こちらも無礼なもんだったし。
2社がアカンというなら、アカンのだろう。諦めたが、
まあしかし、成山堂にはえらい目にあわされたわ。(笑)

HPは出版を機に閉鎖する方向だったが、予定がなくなったので書き終えた原稿をさらにHP用に改編しつつ暫らく更新していくことにしよう。
しかし、ここ4〜5年ほんまについてない。若い時のむくいか、罰が当たってるのか。。。仕方ないなあ。
人生プラマイゼロという。
posted by ヨッサラ at 14:22| Comment(0) | 日記

2017年08月31日

芸能人の不倫報道

芸能人が浮気したとよくもまあ世間はこんなに騒ぐもんだなあと思う。かくいう私も興味を持ってテレビを見るが。マスコミのひつこさには辟易する。芸能人の浮気に一般人がコメントして「許せない」だとォ?面白い。
倫理の問題は家庭による。他人がとやかく言う筋合いのもんではない。大きなお世話だ。ほんまに日本人の僻み根性は凄まじい。口には出さないが「こっちは真面目にやってるのに何故芸能人だけ得するのか、腹立つ!」が根底にある者が多い。雲の上の人に肩を並べて物を言う道理がどこにあるのかなあ?
芸能人は、男前、ベッピンで金をぐっすら持っている。一般人には有名人に触れたい欲もある。そりゃ、モテなしゃああっかれ。なにを今更と私は思う。ただ、芸能人のくせにいざとなった時のコメントが一部の似非常識人に対しての、謝罪や勝手な言い分、隠蔽に尽きる。落としどころを期待している大半の傍観者たちにはエンタメとして退屈ですねえ。かといって「不倫は文化」くらいじゃあダメダメコメント。
扇千景さんは中村鴈治郎の浮気発覚について、「彼は芸人で、モテない夫などつまらない」と言ってのけた。
丹波哲郎さんは隠し子の件で、「府中の人なら、タクシーの運転手に訊いても知っている。こんなことが記事になるのか?」と逆に質問した。
嫁が許し、本人が開き直り相手も傷つけず、これ以上記事にならない。シャンシャンだ。流石だなあ。
昔から、役者や社長、政治家、などのお金持ちはお妾さんを囲っていたなあ。権力者になれば側室というのかなあ。「英雄、色を好む」と例えられてきたとおりだ。現代に通用しない? 人類が創生して以来続いてきた人間の本質を、ここ10年や20年の倫理観の方が正しいなどと何が故にいえるのだろうか?私は不思議だ。
嫌なら出ていけばいい。妾が正妻にかわるだけだなあ。
往年の大俳優嵐寛寿郎は、5回結婚してるそうだが、離婚のたびに豪邸を元嫁においてきたという。また、大物はあんまり一般の人に手を出さなかったようにも思う。プロの女性を相手していたなあ。プロは口も堅い。なにがプロかと言う話だが例えば、ちゃんとしたお客仕事の女性とか、同業者とかになるのか? それは別として。だいたいケチ臭い浮気をするから僻まれる。ケネディーの彼女はマリリン・モンロー。クリントンなどはホワイトハウスの実習生などに手を出すから大恥をかかされた。アメリカ合衆国の大統領が近場の小娘にお手つきとは米国民でなくともがっかりする。芸能人もそうで、せめて有名芸妓と浮名を流すぐらい格好を付けて欲しい。嫁以下の手軽なヤリマン嬢や、優位的立場を利用するから嫁も怒るし、世間も許さないのだなあ。
モテるから芸能人なのだと思うが、願わくばプロならプロらしい振る舞いに終始してほしいなあ。と思うのは私だけだろうか。やることやっておいて、対応は一般人と同じじゃお話にならない。
女を二人でも三人でも面倒見れる甲斐性のある人は好きにすればいいなあ。面倒見れない人はただのドスケベなのでお商売の方に世話になる方が問題が少ない。「ただほど高い物はない。」とも昔から言うなあ。
posted by ヨッサラ at 10:30| Comment(0) | 日記