2019年01月11日

東京医科大学不正入学よりもっと不正

東京医科大学に文科省局長が裏口入学を測ったという。
なにが悪いのかさっぱりわからない。貧乏だけど、頭のいい人は国公立。
ド頭お悪い方は金で私学に行く。昔から相場は決まっている。
私学はお金さえ払ってくれたら誰でも入れる。当たり前だ。私学は商売である。
医学部だろうが、文学部だろうが関係ない。日本はそういう不公平な社会ではないか。
金のない奴は教育を受けれない。日本社会では、金も能力のうちだということはわかりきったこと。
頭が良くても金がなければ、到底医学部などにはいけないなあ。進路を変える人も少なくない。

今更こんなことがNEWSになるのか。
医学を勉強したくて、金があるのだろ? それでいいではないか?勉強を何故させてやらない?
その方が問題だ。医学はその先に国家試験がある。レベルに達しなければ精査され医者にはなれない。ここで公平だ。
商船学校のように卒業と同時に免状をもらえる学校がある。それは必ずと言ってよいほど国立だ。金で左右左右されることなく入学時の試験で吟味され、定期試験の赤点も高くして篩にかける。これも公平だろう。

さて、世の中に様々な裏口がある。
私が元勤めていた会社のY部長(社の若い女性の尻を触ったということで降格になった男だが、この件に関しては出しゃばりの行かず後家が事を大きくしたきらいがある)は東京商船卒。スーパーイエスマンで部下には無関心の男として有名だった。この息子も東京商船出身で親会社を受験したが、発表の日になっても合格通知が来なかった。
「おとうさん通知が来ないけどどうなっているんだろう?」
「それはおかしい。弊社の社長(親会社の役員)にきいてやろう」
ということで、社長(非常に人情的な方だった)に訊いたわけだ。
「どうしてもっと早く言わなかったか、よしなんとかしてやる」
ということになって。数日後に合格通知が来たという。
金は使ってないが、強力なコネで、黒を白に変えて入社させたという話だ。
「俺はどうなっているのかと聞きに行っただけで合格させてくれと頼んだ覚えはない」
と、悪びれず言っていた部長に大きな憤りを感じた。
普通に考えて、通知が来ないのは不合格である。なんのために子会社の社長に訊きに行くのか? 勘ぐられて当然だ。というかレベルに達していないから落とされたのになぜ入社させる?これこそが不都合な裏口ではなかろうか。不条理はどこにでもある。
日本の社会では不公平や不正はこのように平然と行われる。国家試験で調整される医学部入学の不正などこれに比べれば可愛いものだ。金を払って学んでいるだけではないか。なにが問題か? 不正して金をもらうのではない。
日本人の僻み根性は、世界で稀に見るほど凄まじいと言われている。日本人は多少のことは自重しなければならないが、しかし、スーパーイエスマン!さすがにこれはないだろう。と、私は思ったものだ。

部下のケアはしないのに我が子の面倒はようみるのうと散々陰口をたたかれていたが、本人は、どこ吹く風、尻触り降格になろうが、裏口入社バレバレだろうがいまだ平然と働いている。これが日本の社会の縮図である。上に胡麻さえ擦っていれば万事うまくいく。
東京医大不正入学などは生易しいという話だな。こんなこと僻んだところで、社会に不正は溢れている。

医師国家試験も、私が昔から提唱してるように、1〜3級までの制度にしたらどうか? 裏口入学したようなヤカラは精々3級しか通らないようにする。
風邪だから3級医師にかかる。もちろん安い。そのかわり3級医師に盲腸の手術をしてもらうと安いがだいたい50%の確率で死ぬ。
癌だから高いけどやっぱり1級医師にかかるか。など国民のオプションもかなり広がるし、わかりやすい。当然淘汰されるだろう。裏口で入学して、たとえ医者になっても結局は下級で甘んじてそんなに食っていけない。裏口するメリットも少なくなるというわけだ。

マスコミさんもさあ、しょうもないこと煽って騒ぎ立てて。いつも問題の本質からズレてんのよなあ。それでもジャーナリストかよ。
posted by ヨッサラ at 01:00| Comment(0) | 日記

2018年12月24日

棟上げ

上棟2.jpg
上棟式 12/22(土)
友引
建築吉日(建)
雨のち曇
日頃の行いが悪いからイベント日はいつも雨だなあ。

続きを読む
posted by ヨッサラ at 20:59| Comment(0) | 日記

2018年12月09日

基礎

2018.12.9基礎.jpg
基礎打ってもらったなあ。1週間強で型枠を外せるらしい。
だいぶ景色が変わったわ。

posted by ヨッサラ at 21:09| Comment(0) | 日記

2018年12月02日

心斎橋 ビストロ ダ アンジュ

アンジュ1.jpg
ビストロ ダ アンジュ☆
サロン・ド・テ アルション(紅茶&ケーキ)の姉妹店で、ビブグルマンにも選ばれた老舗。隠れ家に入る感じで店内へ。

続きを読む
posted by ヨッサラ at 07:46| Comment(0) | 大阪

2018年12月01日

梅田 ぶどう亭

ぶどう亭1.jpg
ぶどう亭
グリルに目がない私。いつも並んでいるぶどう亭へ、ついに行ってきた。。

続きを読む
posted by ヨッサラ at 15:24| Comment(0) | 大阪

2018年11月25日

USB

私に支持政党はないが、野党のつまらない質問はいつ終わるのだろう?
日本の国会はなんなのだろう?
政策議論に時間を費やすのではなく、失言追及や粗探しに終始するのが多すぎる。
立憲民主・蓮舫議員は「五輪のコンセプトは?」、
国民民主・斉木武志議員にたっては、薄ら笑いを浮かべて「USBを知っているか?」
なんだこれ? どうでもいい。

「パソコンを自ら打てるかどうかで政治家としての資質は決まらない。いろんな能力を総結集して、ジャッジしてやるのが私の仕事」
と、桜田大臣は答弁した。その通りだ。それでよい。
以前、私は重量物運搬に携わっていたが、この際、上司は重量物に対し全く知識のない部長であった。そして数年後、重量物をちょっとかじった程度の部長と交代した。双方親会社から天下ってきた者に変わりないのだが、部下としてはどちらの上司の方が能力を発揮しやすいかと言うことに尽きる。
まああんな会社ではどっちにしろ、この方たちは、毎日毎日なにも決まらない会議に勤しむだけの仕事であって、判(総合的判断)をくれれば部下にとっては誰でもよい存在なのだが、前者は仕事を知らないので権限移譲型であった。しかし、後者はなまじっか少々知っているだけにそれが全く出来ず、なにに関しても口を出してコントロールしたがり、弊害(まちがい)が多かった。中途半端に知っていても始末が悪いのもいるという話だが、ちょっと例が悪かったか、では。
カルロスゴーンは車を造れない。ましてや細かいパーツの名前まで把握していないだろう。しかし、車会社の社長が車を造れなくていいのか?とは誰も言わない。トップに必要な資質とはそういうことではないと、私は思う。
国会議員てのは、一般の方々と思考がかけ離れているのかなあ。五輪のコンセプトも、大臣の優秀な部下は皆知っている。それでなにも問題ないだろ? 神輿は決して一人で歩けない。

斉木議員などは挙句に、
「職務を続けるということは、世界中のハッカーからの攻撃が増す契機にならないか?」
だと宣った。論理が成り立っていないことに気づいていない。
じゃあ、USBを知っていたところで、あなたが大臣になってハッカーを減らす、または対抗できる能力があるのか? という話だ。退治はそれ専門の高い知識、技術を持った方でないとできない。
その専門家にすれば、USB? 我々の仕事を次元の低いところに置くな!と逆に斉木議員に対し憤慨されているかも知れない。お茶の間でほんとにニヤニヤされていたのはいったい誰でしょうね。

野党は、首相の任命責任を積み重ね、世論を動かそうなどと姑息な手段で対抗するのではなく、国会で前向きな政策議論を展開し政権を奪取して欲しいものだ。
ゴシップ雑誌をネタに、重箱の隅をつついたところで国民は賛同しないんだなあ。やればやるほど国民の心が離れていくばかりだということをわかっちゃいない。
(国会で騒ぐほどの事ではないが、桜田大臣もパソコンくらいやらないと情報が得られないでしょうに。とは思う)

posted by ヨッサラ at 15:27| Comment(0) | 日記

2018年10月29日

第三ビル 大阪トンテキ

大阪トンテキ2.jpg
大阪トンテキ☆
ぶどう亭がえらい並んでいたので大阪トンテキにした。

続きを読む
posted by ヨッサラ at 14:52| Comment(0) | 大阪

第11回 天保山まつり

港まつり1.jpg
第11回天保山祭り
築港高野山にライブステージを見に行ってきた。
築港の発展に長く寄与されている間口さん創業者の墓所としても有名。

ここに大正12年に淡路市仮屋沖潜水試運転中沈没し多くの犠牲者をだした第70號潜水艦の殉難碑があった。淡路市釜口には大きな碑が立っていて、子供の頃から目にしていたからちょっと驚いた。こちらの寺にもなにか縁があるのだろうなあ。

マドロス楽団(山口ももえさん)、歌うまいなあ。銀座のカンカン娘や憧れのハワイ航路、上海帰りのリル、などの懐メロ、なかでも李香蘭の「夜来香」には感動した。

続きを読む
posted by ヨッサラ at 14:47| Comment(0) | 日記

九条 ニジイロアルコバレーノ

ニジイロアルコバレーノ1.jpg
ニジイロアルコバレーノ
ご夫婦でやれれている。親切でアットホームが嬉しい。

続きを読む
posted by ヨッサラ at 14:07| Comment(0) | 大阪

地鎮祭

地鎮祭1.jpg
2018年10月11日
大安
建築吉日(満)
小雨(地固まる)
地鎮祭してきたなあ

続きを読む
posted by ヨッサラ at 13:55| Comment(0) | 日記