2019年03月22日

ガパオライス

ガパオ1.jpg
ガパオライス
こないだ鶏ミンチで作ったら美味くなかったので、モモ肉を細かく切ったものにしたら成功!
でも、目玉焼きのせるの忘れてちょっと残念。

続きを読む
posted by ヨッサラ at 20:43| Comment(0) | 料理

2019年03月21日

FUN SPACE DINER(大阪港)

funspacediner1.jpg
凄く行ってみたかったが、誰も行ってくれないので KLASI COLLEDGEのFUN SPACE DINERでおひとりさまランチした。

続きを読む
posted by ヨッサラ at 18:34| Comment(0) | 大阪

2019年03月09日

有村藍里さん VS ハゲチャビン

有村藍里さんが整形をしたという。口元が残念と言われたのをずっと気に病んでいたらしい。後追いで芸能界にデビューした妹さんが超ベッピンなのでそう言われたのだろうが、元々芸能人だから、なんにも普通に可愛らしい子だったのに・・・。痛かったやろうに。。。あれで整形なら、私のように全体的に残念な人はどうしたらよいのか?大工事だなあ。

そういえば、バーコードだった上司が夏休み明けだったかフッサフサになって帰ってきた。やはり気に病んでいたのだろうか? でも、一見してそれと分かりやすい残念な物だったので、私はてっきりギャグだと思って訊いてみたら、ハゲチャビン「侮辱した」として、それから半年もしない間に私は閑職に追いやられ結局、会社を辞めることになったなあ。(笑) 整形はカミングアウトするも、フェイクファー関連は見て見ないふりしないとだめなんだ。よく考えてみたら、そんな自虐ギャグはしない人だったなあ。残念!

posted by ヨッサラ at 11:58| Comment(0) | 日記

2019年03月03日

大工さんがいない!

2019.3.1.jpg
消費税率が10月から引き上げられるとのことで、駆け込み建築が増加していて大工さんがいないらしい。うちも、休み休みしか大工さんが来てもらえない。。。中は風呂を取り付け、フローリングも完成してだいぶ進捗したが、外は未だ外壁を張ってもらってないんだなあ。(白く見えるのは防水シート)
それでも、造作/仕様変更をじっくり考えれるし、楽しみが先に延びてええかなあ、と思ってる今日この頃です。

posted by ヨッサラ at 13:19| Comment(0) | 日記

2019年01月27日

バリブリ

こないだイミグレの近くで、前を歩くスーツ姿の小太りのおっさんが突如
「バリブリっ!」
私は思わず「あら〜ァ?」と、甲高い声が出てしまった。
すると、おっさんさらにもう一発、
「バフォ!」
「うわっうわっ」
と、私も飽きれてまた驚嘆の声が漏らした。
おっさん、振り向いて神経質そうに私を睨む。知らん顔して通り過ぎてやったが、屁かましといて、なんで睨まなアカンのかのう? 失礼しちゃうわ〜ほんま嫌な感じ。

posted by ヨッサラ at 12:24| Comment(0) | 日記

カルロス・ゴーン

2万人をリストラしたMr.ビーンが、脱税か収入の虚偽申告か、横領かなんかしらんが捕まっている。
常々、この人たちの給料って、5000万円〜1億円/くらいあるのかあなどと思っていたが、なにがなにが・・・。庶民感覚からかけ離れすぎてただただアホかと思うばかり。

痛みを伴う改革を行って2万人も縮小したのだからざっと見積もって、100億円/年くらいのリストラになったのだろうが、それで日産が立ち直ったからと、その1/10が自分の報酬になるのだなあ。自分はなんの痛みも背負わないのだ。世の中って凄いなあ。まじめに働き、社に貢献してきた人が職を失ってる。2万人もの人生を変えた。路頭に迷った人も少なくないはずだ。その張本人が10億? えげつない。強欲というのか。
ええ思いもいっぱいしただろうなあ。もうあと一生檻の中にいればいいのに。と、私は思う。

posted by ヨッサラ at 11:59| Comment(0) | 日記

2019年01月20日

外殻ほぼ完成

2019.1.20-1.jpg
着工から2か月、昨日屋根葺きが終わった。

続きを読む
posted by ヨッサラ at 15:04| Comment(0) | 日記

2019年01月17日

久々2年半ぶりの東京

グリーン車.jpg
人生3度目のグリーン車だなあ。(笑)

続きを読む
posted by ヨッサラ at 22:14| Comment(0) | 旅行

2019年01月11日

東京医科大学不正入学よりもっと不正

東京医科大学に文科省局長が裏口入学を測ったという。
なにが悪いのかさっぱりわからない。貧乏だけど、頭のいい人は国公立。ド頭お悪い方は金で私学に行く。昔から相場は決まっている。私学はお金さえ払ってくれたら誰でも入れる。当たり前だ。私学は商売である。医学部だろうが、文学部だろうが関係ない。日本はそういう不公平な社会ではないか。
金のない奴は教育を受けれない。日本社会では、金も実力のうちだということはわかりきったこと。なんぼ頭が良くても金がなければ、到底医学部などにはいけないなあ。それで進路を変える人も少なくない。

今更こんなことがNEWSになるのか。
医学を勉強したくて、金があるのだろ? それでいいではないか?勉強を何故させてやらない? その方が問題だ。医学はその先に国家試験がある。レベルに達しなければ精査され医者にはなれない。ここで公平だ。
商船学校のように卒業と同時に免状をもらえる学校がある。それは必ずと言ってよいほど国立だ。金で左右されることなく入学時の試験で吟味され、定期試験の赤点も高くして篩にかける。これも公平だろう。

さて、世の中に様々な裏口がある。
私が元勤めていた会社のY部長(社の若い女性の尻を触ったということで降格になった男だが、この件に関しては出しゃばりの行かず後家が事を大きくしたきらいがある)は商船大卒。スーパーイエスマンで部下には無関心の男として有名だった。この息子も商船大出身で親会社を受験したが、発表の日になっても合格通知が来なかった。
「おとうさん。通知が来ないけど、どうなっているんだろう?」
「それはおかしい。弊社の社長(親会社の役員)にきいてやろう」
と、子会社社長(非常に人情的な方だった)に訊いたわけだ。
「どうしてもっと早く言わなかったか、よしなんとかしてやる」
ということになって、数日後に合格通知が来たという。
金は使ってないが、強力なコネで、入社させたという話だ。「落ちたので関連子会社でも紹介してやってくれ」と頼んだのと話が違う始末が悪い。こういうのは相当うまくやってもどこからか漏れ噂はすぐに広がる。
「俺はどうなっているのかと聞きに行っただけで、合格させてくれと頼んだ覚えはない」
と、悪びれず言っていた部長に大きな憤りを感じた。まるで社長が勝手にやったかの言い草だ。ド厚かましい!
普通に考えて、通知が来ないのは不合格である。なんのために子会社の社長に訊きに行くのか? 勘ぐられて当然だ。というかレベルに達していないから落とされたのになぜ入社させる?これこそが不都合な裏口ではなかろうか。不条理はどこにでもある。(ただ、ならぬものをなるようにすると、必ず人生どこかで神さんに帳尻をあわされるものだが。。。)
日本の社会では不公平や不正はこのように平然と行われる。国家試験で調整される医学部入学の不正などこれに比べれば可愛いものだ。金を払って学んでいるだけではないか。私学の本筋ではないか? なにが問題か?不正して金をもらうのではない。
日本人の僻み根性は、世界で稀に見るほど凄まじいと言われている。日本人は多少のことは自重しなければならないが、しかし、スーパーイエスマン!さすがにこれはないだろう。と、私は思ったものだ。

部下のケアはしないのに我が子の面倒はようみるのうと散々陰口をたたかれても、本人は、どこ吹く風、尻触り降格になろうが、裏口入社バレバレだろうがいまだ平然と働いている。これが日本の社会の縮図である。上に胡麻さえ擦っていれば万事うまくいく。
東京医大不正入学などは生易しいという話だ。こんなこと僻んだところで、社会に不正は溢れている。金も、コネも、胡麻すりも能力の内。汚いと言われても日本社会はこれでうまく治まっているんだなあ。

医師国家試験も、私が昔から提唱してるように、1〜3級までの制度にしたらどうか? 裏口入学したようなヤカラは精々3級しか通らないようにする。
風邪だから3級医師にかかる。もちろん安い。そのかわり3級医師に盲腸の手術をしてもらうと安いがだいたい50%の確率で死ぬ。
癌だから高いけどやっぱり1級医師にかかるか。など国民のオプションもかなり広がるし、わかりやすい。当然淘汰されるだろう。裏口で入学して、たとえ医者になっても結局は下級で甘んじてそんなに食っていけない。裏口するメリットも少なくなるというわけだ。
だいたいなぜ医者は医学部で6年行かないとなれないんだ? 三級なら専門学校でも取れるなどとしたら、地方の医師不足も解消できないかなあ。

マスコミさんもさあ、しょうもないこと煽って騒ぎ立てて。いつも問題の本質からズレてんのよなあ。それでもジャーナリストかよ。
posted by ヨッサラ at 01:00| Comment(0) | 日記

2018年12月24日

棟上げ

上棟2.jpg
上棟式 12/22(土)
友引
建築吉日(建)
雨のち曇
日頃の行いが悪いからイベント日はいつも雨だなあ。

続きを読む
posted by ヨッサラ at 20:59| Comment(0) | 日記